HOME PLAN KIYOTAKE

福岡の工務店&木造専門 設計事務所 福岡市 ㈱清武建設 1級建築士事務所

home plan kiyotake
  1. トップページ
  2. ただいま施工中
  3. 糸島市 F&T様邸 2世帯住宅 木の香る無垢の家

糸島市 F&T様邸 2世帯住宅 木の香る無垢の家

【糸島市注文住宅 2世帯住宅】

オールアース住宅(電磁波対策の家)

伊都の杜 注文住宅

電磁波対策の家・動画で解説


◆平成29年8月24日

T様 宅地案内(古賀市~福岡市東区)


◆平成29年8月26日

T様 宅地案内(糸島市~福岡市西区)


◆平成29年9月16日

F様T様 宅地案内(糸島市)


◆平成29年9月26日 設計契約及び宅地決定

F様T様 宅地購入決定・事前打ち合わせ(糸島市)

(株)清武建設との設計契約 をさせていただきました。


◆平成29年10月29日~30日

F様T様 住宅設備器具の詳細説明及びご検討予定


◆平成29年11月9日 10時~ 土地契約


◆ 同上      13時~ 決算


◆ 同上      15時  現地視察


◆平成29年11月10日 工事のご契約 及び ショールームにて器具関係のご確認


◆平成29年11月10日 地盤調査

このスクリューを回転させ、25cm沈む為に何回転必要かで、25cm毎の地盤強度を判断します。

測定は四隅及び中央の5か所行ないます。

※後日、通常の基礎で問題ないという結果が調査会社よりありました。


◆平成29年12月28日 確認申請認可

農地転用⇒土地区画整理法76条申請⇒地区計画⇒確認申請⇒延床面積300㎡以上の為、省エネ計画届出


◆平成30年1月19日 仮設工事(敷地周囲の仮囲)


◆平成30年1月20日~ 基礎工事(やり方)

建物位置を基礎工事の職人と確認しました。

基礎工事において寸法を出す為に、建物周囲に「木杭」と「板」を廻す準備の様子です。


◆平成30年1月27日 基礎工事

床堀(掘削工事)~砕石敷き


◆平成30年2月5日 基礎工事

ベース配筋工事状況


◆平成30年2月8日 基礎工事

立ち上がり配筋工事状況


◆平成30年2月9日 基礎工事

配筋工事検査状況(瑕疵保険会社の建築士による検査)


◆平成30年2月13日 基礎工事

ベース部分のコンクリート打設状況


◆平成30年2月16日 基礎工事

立ち上がり部分の配筋状況を確認


◆平成30年2月17日 基礎工事

立ち上がり部分のコンクリート打設


◆平成30年2月18日 基礎工事

立ち上がり部分の天端の不陸調整(セルフレベリング材)工事


◆平成30年2月22日 基礎工事及び大工工事

基礎工事(型枠撤去及び清掃)、大工工事(基礎に土台を敷く前の墨出し)


◆平成30年2月28日 大工工事(棟上げ)

(7時半頃)

本日の工事開始前の現場状況。数日前より前日まで木材を並べ、棟上げ当日に備えています。

(8時半頃)

1階柱を土台に差し込み、2階の床部分の梁、桁を取り付けています。

(9時頃)

1階柱を土台に差し込み、2階の床部分の梁、桁を取り付けています。

(10時頃)

2階の床部分の梁、桁、火打ち梁を設置し、ボルト締めをしています。

(11時頃)

2階の床部分の梁、桁、火打ち梁を設置し、ボルト締めをしています。

(14時頃)

2階柱、小屋梁、小屋桁部分まで完了。

 


◆平成30年3月1日 大工工事(棟上げ)

(11時半頃)

野地板(杉板)工事中。

(11時半頃)

野地板(杉板)工事中。

(16時頃)

野地板(杉板)工事完了。


◆平成30年3月9日 屋根工事過程


◆平成30年3月9日 オールアース住宅(電磁波対策の家)の打ち合わせ。

壁の中、床下の屋内配線から発生する電磁波を吸収し地面に流す為のシートの張り方について、打ち合わせ。

電磁波対策の家・動画で解説


◆平成30年3月19日 サッシ周辺の防水状況を確認。


◆平成30年3月19日 発砲ウレタン断熱下地の確認。


◆平成30年3月19日 電気配線、コンセント、照明位置、スイッチ等の施主及び電気工事職人との打ち合わせ。


◆平成30年3月19日 確認検査機関による中間検査 及び 瑕疵保険会社による中間検査。


◆平成30年3月19日 畳の下の部分は『杉板』を使用しています。


◆平成30年3月22日 床下を通過させる換気システム(PM2.5も除去します。)

冬は床下の方が外気温より温度は高く、

夏は床下の方が外気温より温度が低く、

床下を通過させる換気システムを採用しています。

https://youtu.be/hnHfOnoyfew


◆平成30年3月26日 断熱工事完了 確認

天井裏、外部に接する壁面の断熱状況

床下(基礎立ち上がり部分)の断熱工事確認

※基礎部分は硬質ウレタンを仕様。


◆平成30年3月27日 電磁波を吸収するシート工事

グリーンの電磁波を吸収するシートは、地面(アース)と繋がっており、壁内部、床下にある屋内配線から伝搬される電磁波(電場)を吸収し、地面に流します。

・天井裏にある屋内配線対策ですが、電気が発生する対象物(屋内配線)から離れており、影響はありません。

・壁内にある屋内配線対策ですが、床から高さ1Mの範囲で、ベット、布団が壁面に接して生活する事を想定し、グリーンの電磁波を吸収するシートを貼っています。

・床下にある屋内配線対策ですが、寝室部分(長時間生活するスペースの床部分)には、グリーンの電磁波を吸収するシートを貼っています。

電磁波を軽減する仕組み(動画)↓ ↓

https://youtu.be/LHNmL4xMT0c


◆平成30年3月27日 現場外観の様子


◆平成30年4月2日 外壁工事の様子


◆平成30年4月19日 物干し設置


◆平成30年4月22日 パソコンカウンター状況

グリーンのシートで、パソコンの電磁波(電場)を吸収し、地面に流します。


◆平成30年4月22日 キッチンカウンター状況

グリーンのシートで、キッチン周辺機器の電磁波(電場)を吸収し、地面に流します。


◆平成30年4月22日 2階寝室部分の床張り状況

グリーンのシートで、2階床下部分(1階天井部分)の電気配線からの電磁波(電場)を吸収し、地面に流します。


◆平成30年4月22日 ユニットバス工事(2階ユニットバスを1階より見上げる)

加重を支える為にしっかりと固定されています。


◆平成30年4月22日 外壁状況

(足場解体前に不具合がないかチェックしました。)


◆平成30年4月22日 屋根状況

(足場解体前に不具合がないかチェックしました。)


◆平成30年4月22日 室内状況

壁及び天井の石膏ボードに穴を開けて電気配線を出しています。


◆平成30年5月10日 外観状況

続きはこちらへ