HOME PLAN KIYOTAKE

福岡の工務店&木造専門 設計事務所 福岡市 ㈱清武建設 1級建築士事務所

home plan kiyotake
  1. トップページ
  2. コラム
  3. 癒しの木の家 福岡市の健康住宅  放電量を抑える。

癒しの木の家 福岡市の健康住宅  放電量を抑える。

癒しの空間をつくる

パソコンの作業を長時間おこない、疲れがたまっている方が多い。

長時間、パソコンから放電される電気の影響を受け、
放電される電気より静電気が発生し、
ほこりが皮膚や眼に付着したり、
眼の疲れから、首や肩へのコリに繋がっている方が多いです。

現在、具体的には分かっていない事が多いようですが、
他にも体調への影響があると考えられつつあります。

パソコン以外に、日常生活においては、多くの電化製品に囲まれ、
排除する生活は不可能な状況ですが、
就寝時だけでも、電気からの影響を少なくする建築工事をおこなえば、
安眠できて、疲労を軽減させる事が出来ると考えます。

具体的に、どのような建築工事をおこなうかと申しますと、
壁の中や天井裏には、住宅一戸で、合計900M程の長さの電気配線があり、
その電気配線より放電される電気量を、少なくする工事を行います。

写真①では、床仕上げ面の下に、緑色のシートを敷いています。

写真②では、壁仕上げ面の内側に、緑色のシートを貼っています。

この緑色のシートは、放電される電気を吸収し、
このシートにアース線を取り付け、

電気を地面へ流してくれる仕組みになっています。

建物が完成すると、この緑色のシートは隠れてしまい、目視では分からないのですが、
弊社の測定器で計測すると、具体的な数字にて理解する事ができます。

電気配線から放電される電気量を軽減させて、
弊社の従来からの取り組みである健康素材、自然素材を多く使った住宅を建築すれば、
健康的で、癒しの住空間になると考えます。

写真①

写真②