HOME PLAN KIYOTAKE

福岡の工務店&木造専門 設計事務所 福岡市 ㈱清武建設 1級建築士事務所

home plan kiyotake
  1. トップページ
  2. 福岡市/朝倉 ㈱清武建設 オールアース住宅|電磁波カット健康住宅|注文住宅

福岡市・朝倉あさくら・オールアース住宅・電磁波と健康素材を考える

オールアース住宅 福岡市東区・朝倉郡筑前町

住宅からの放電の影響を減らす家づくり

現代の暮らしは、多くの照明、家電等に囲まれ、電気の使用量は過去50年間で約10倍に増加しました。当然、住宅の床下、壁内、天井裏の電気配線から放電される電気(電磁波)の影響も増えています。

(株)清武建設は、自然素材を多く使用した健康的な住宅を継続してご提供していますが、さらに追及し、電磁波の影響も減らした住宅(オールアース住宅)のご提供も開始しました。

オールアース住宅とは、住宅の壁内、床下、天井裏に敷いた導電性繊維シートによって電磁波を吸収し地面に流す仕組みの住宅です。オールアース対策についてわかりやすくまとめた漫画がありますので是非ご一読ください。

※ダウンロードに少々時間がかかります。

漫画で学ぶオールアース
漫画で学ぶオールアース

住宅から電磁波が出るって、ご存知ですか?

パソコンや携帯電話から電磁波が発生する事はご存知かと思いますが、住宅の壁内、床下、天井裏の電気配線から発生する電磁波の影響も大きく、家電製品の量が増え、昔の住宅よりも、新しい住宅のほうが電磁波が強くなっています。

その為、下記図のように、床面(壁面)に導電性繊維シートを敷き込み、電磁波を吸収して地面に流す仕組み(オールアース住宅)が必要です。

電磁波構造

電磁波構造

 生活環境における電磁波について

電化製品等は、メーカーも考慮し、電磁波を軽減した商品もあるようですが、様々な電化製品の多くは、スウェーデン基準の、25v/m の電磁波(電場)を超え、数百v/m が発生している場合が多いようです。

しかし、多くの電化製品に囲まれた生活に慣れ親しんでいる現在の私達は、家電から離れる事は不可能だと思います。

その為、少なくとも建築物から発生する電磁波は軽減させたいものです。

電磁波には2種類があり、

電場…電圧がかかることで発生し、ブレーカーを切らない限り家中の全ての屋内配線から発生します。常に電圧がかかっている屋内配線(VVR VVF動力ケーブル)から、半径70cm 360度方向に発生し、天井配線においては、半径70cm超える距離にて居住している場合が多く、影響が少ないと思われますが、壁内にある屋内配線の場合は、壁面に接してベット、机を配置する場合が多く、電磁波の電場の影響が大きいと考えます。

磁場…電流が流れて初めて発生し、コンセントに家電製品の電源プラグを差し、電源スイッチを入れることで発生します。しかし、屋内配線では、その1本1本の配線に流れる電流の量に限りがあるため「磁場」はほとんど発生しないと思われます。

電磁波構造

建築物において、電場を抑制する必要があると考えられ、スウェーデン基準の25v/m 以下に減らさない場合は下記の影響が考えられます。

 

 慢性疲労性症候群

パソコンや携帯電話の普及により、現代の慢性疲労性症候群患者の95%は、電磁波過敏症によるものだという報告があります。

 アトピー・アレルギー

電磁波は静電気も発生させ、静電気により、浮遊粉じん(微細なゴミ)が集まり、皮膚が反応してしまう場合があります。

 電磁波過敏症

電磁波に過敏な方は、微弱な電磁波を浴びただけでも、頭痛や吐き気などを感じるそうです。

スウェーデンやドイツ、デンマークなど、ヨーロッパ諸国では社会的に認知されつつあり、健康保険の対象として治療が進められています。

 電磁波対策

もっとも簡単な電磁波対策は、対象物から離れることです。

電場を測定すると、対象物からの影響に比例して数値が下がります。テレビは通常数十メートル離れて見るものですし、電子レンジや冷蔵庫も常に近くにいるわけではありません。ですから、パソコンなど一部を除くほとんどの家電製品にはこの対策が有効ですし、日常的にこういった家電製品からの電場の影響は少ないと言えるでしょう。ところが、家はどうでしょうか。家の壁や床は、つねに体の一部が接しています。そこから距離をとることは不可能です。

では、離れることが出来ない場合はどうしたらよいのでしょうか?

もうひとつの電場対策は「アース」です。アース(接地)は余分な電気を逃がし、感電防止などの役割を果たすためのものですが、実は結果的に電場をも逃してくれるのです。

壁・床・天井に張り巡らされている屋内配線からの電磁波は、様々な部材を伝わって伝播し、身体の表面を覆うのです。電磁波の室内への侵入を防ぐために、アースをする必要があるのです。

電場をカットするためのアースについて

地面に打ち込んだ金属棒を通して、電気の逃げ道を作ってあげることを「接地(アース)」と言います。アースの目的は交流の電気を使うことによって発生する電場を抑制することにあります。

ようやく、住まいにおける電磁波リスクについて官公庁も問題意識を持ちはじめてきました。そして、電気の安全性という視点からも電磁波リスクを避けるために「お部屋のコンセントにアース付コンセントを施設することを」推奨しています。

日本は2口コンセントが主流ですが、欧米のコンセントは3口で、3つ目の穴はアースのためのものです。日本では今のところ、水周りなど一部を除いてアース付コンセントは見られませんが、アースをすることによって家電製品からの電場は簡単に削減することが出来ます。

※アース付きコンセントがない場合でも改善する方法があります。

(お気軽にお問合せください。)

シート施工方法

    ㈱清武建設・設計施工・糸島市F邸にて  「導電性スパンボンド」工事の様子

「導電性スパンボンド」というシートを、床に下地材として敷いたり、壁の柱や間柱に貼ります。このシートには、アースを取らなくても静電気に対してはコロナ放電、漏洩(アース)、静電抵抗(平面放電)の3つの効果で除電する特徴があります。しかも、メッキ繊維や金属繊維などに起きるスパーク(火花)放電が少ないのも特徴です。耐久性は、湿気や温度変化による影響が極めて少なく、繊維がある限り半永久に機能を保持します。加えて、揮発性有機化合物(VOC)は一切使用していません(ホルムアルデヒド・トルエン・キシレン・エチルベンゼン・スチレン・パラジクロロベンゼン・ノナナール・TVOC)。また、環境負荷物質含有調査においても、一切使用添加(カドミウム・鉛・水銀・6価クロム)はありませんので安全性にも優れています

更にアース機能を付加することで、伝播を防ぐことができ、電場を抑制する効果が発揮できます。

 特許工法の詳細

2013年、オールアース®住宅は、工法特許を取得。

発明の名称:「電気配線から居住空間への極低周波電磁波の伝搬を抑制する住宅の工法」(特許第5252605号・特許第5358036号を取得。)

 メディア(一部の紹介)

   
エコロジーオンラインに「賃貸物件にもエコ・環境の要素を」と題されるコラム掲載。
日本臨床環境医学会で「家庭内電磁波による健康障害を訴える患者への有効な対策とその評価」と題して論文を発表。
日本臨床環境医学会での論文「家庭内電磁波による健康障害を訴える患者への有効な対策とその評価」の英語訳を公開。
船瀬俊介先生著書の「ホットカーペットでガンになる」にて紹介
NCC長崎文化放送にてオールアース住宅について取材。
「チルチンびと」47号にてオールアース住宅プロジェクトが紹介。
「日経ホームビルダー」100号にて、オールアース住宅が紹介。
「所」さんが建てた楽しい家にて、オールアース住宅を紹介。

 オールアースお問い合わせ

オールアース対策に興味を持たれたお客様。是非一度清武建設へお問い合わせ下さい。来社予約、資料請求をお待ちしております。

福岡市東区・朝倉・電磁波を軽減、健康素材を考える家づくり。