HOME PLAN KIYOTAKE

福岡の工務店&木造専門 設計事務所 福岡市 ㈱清武建設 1級建築士事務所

home plan kiyotake
  1. トップページ
  2. ただいま施工中
  3. 福岡市東区原田M邸新築注文住宅

福岡市東区原田M邸新築注文住宅

【福岡市東区原田M様邸注文住宅 設計~施工】


◆2015年12月29日(平成27年)

弊社で建築させていただいたお客様宅(T様邸)の隣地がご実家のM様がご来社。


◆2017年8月12日(平成29年)

宅地測量(分筆)のご計画の件で、ご来社。


◆2017年12月29日

設計契約。

及び『分筆』計画の方向性のご確認


◆2018年1月11日(平成30年)

既存住宅の解体調査。(入居者にご迷惑をおかけしないように屋外からの目視確認。)


◆2018年2月11日

ショールームご見学の様子。


◆2018年3月6日 既存住宅の解体完了。


◆2018年3月16日

敷地測量が完了しました。

ご近所の方々には、ご迷惑をおかけしました。(ご協力ありがとうございました。)

これから、敷地の分筆(2区画に分割)いたします。


◆2018年3月23日

2区画の敷地分筆(仮)ライン。

1区画のみ新築予定の為、地縄貼り。


◆2018年3月30日 地盤調査

杭工事は不要と判定され、鉄筋コンクリートの基礎工事のみで建築させていただく事になりました。

 

◆2018年5月27日  地鎮祭

。」


◆2018年6月22日  基礎工事開始

◎砂利敷き転圧の上、地面からの湿気も防ぐ、防蟻シート敷き。

◎基礎周辺のみコンクリートを打設しコテで綺麗に均します。(金ゴテ均し)

そのコンクリートに基準となるラインを書き込み鉄筋を組み立てます。(墨出し)


◆2018年6月26日(午前中) 基礎配筋検査

◎瑕疵保険会社の建築士による配筋検査


◆2018年6月26日(午後) コンクリート打設


◆2018年7月2日 立ち上がりコンクリート打設

 


◆2018年7月12日 基礎出来形の確認


◆2018年7月13日(午前中) 土台敷き

『基礎(コンクリート部分)』と『土台(木材部分)』の間に、気密パッキンを敷き、

気密性を高めています。(数年間コンクリートから発生する水蒸気は、抜ける工法です。)


◆2018年7月13日(夕方) 土台敷き完了(現地状況)


◆2018年7月21日(棟上げ)

7時50分(作業開始前)


◆2018年7月21日(棟上げ)

8時(安全を祈願し、お清めしました。)


◆2018年7月21日(棟上げ)

8時20分(一階の柱を建て、2階床梁を組み立て中。)

 


◆2018年7月21日(棟上げ)

9時30分(二階の柱を建て、小屋梁を組み立て中。)


◆2018年7月21日(棟上げ)

10時(柱が垂直に立っているか確認中。)

 


◆2018年7月21日(棟上げ)

11時(小屋束が立ちました。)


◆2018年7月21日(棟上げ)

11時15分(棟が上がりました。)

※屋根の頂点の木材を棟木(むなぎ)、あるいは棟(むね)といい、棟が上がるので、『棟上げ』といいます。


◆2018年7月21日(棟上げ)

14時30分 (野地板貼り)

近年の日本全体で建築される住宅の90%以上は、職人の手間を削減する為に、合板を貼っているようですが、

弊社の当物件は、昔ながらの工法、無垢の杉板(野地板)を一枚一枚貼る工法を採用しました。

小屋裏の空気(室内にも影響)がホルマリンの匂いで充満することはありません。


◆2018年7月21日(棟上げ)

15時30分(杉の野地板の上にゴムアスルーフィングを貼っています。)


◆2018年7月21日(棟上げ)

16時30分(防水の為のゴムアスルーフィング貼り完了。)


◆2018年7月21日(棟上げ)

17時30分(外観状況)


◆2018年7月23日(室内状況)

・合板の使用量が少ない、昔ながらの根太組工法を採用。

・鉄筋コンクリート基礎のコーナー部分(打ち継ぎ部分)及び配管周囲には、防蟻効果のあるウレタンを吹き付け。

 


◆2018年7月28日(大工工事中の屋外状況)


◆2018年7月28日(大工工事中の室内状況)

階段はまだありませんが、この写真部分に階段が設置されます。

(九州産無垢材の杉柱を使用しています。)


◆2018年7月28日(屋外状況)

屋根工事完了状況


◆2018年7月29日 午前中(屋外状況)

午前中、台風の備えの為、現地へ。

29日未明に三重県伊勢市に上陸した台風12号は、午前7時、岡山市付近を西に進み、午後6時には北九州市付近に。今回の台風は西日本を東から西へ横断する異例のルート。


◆2018年8月10日 屋内状況

断熱工事完了。発泡ウレタン断熱の厚みを確認しました。


◆2018年8月10日 屋外状況

白いシート(湿気は透すが水は透さない)により防水性を確保し、

その上に仕上げ材(サイディング)を貼ります。

仕上げ材と白いシートの間に隙間を設け、

鉄筋コンクリートの基礎近くの金物上部より吸気して循環する、風の通り道になります。

木材は、湿気の吸収と排出を繰り返す素材の為、風を通す事が大切です。


◆2018年8月17日 屋外状況

外壁パネルのジョイント部分のコーキング工事を行っています。


◆2018年8月18日 屋外状況

外壁パネルのジョイント部分のシーリング工事完了。

台風が続き足場のシートは、風圧を避ける為に絞っています。


◆2018年8月18日 屋内状況

 


◆2018年8月30日 屋内状況


◆2018年8月30日 屋外状況

アイアンの妻飾りを取付ました。

 


◆2018年9月8日 屋根状況(アンテナ設置)


◆2018年9月8日 外壁状況

間もなく足場解体を予定し屋根外壁状況を確認。

 


◆2018年9月8日 外壁状況(アイアン妻飾り)

 


◆2018年9月8日 室内状況

壁紙工事完了。キッチン設置前。

 


◆2018年9月8日 室内状況

壁紙工事完了。洗面台設置前。


◆2018年9月8日 室内状況

壁紙工事完了。トイレ設置前。


◆2018年9月13日 九電工工事

仮設電気(工事中使用する電気)より、本設(完成する住宅で使用できるように電線よりつなぎ込む)へ

電線より住宅へ、つなぎ込んでいます。↓

 


◆2018年9月20日 建築確認申請期間による検査


◆2018年9月20日 清掃一回目の様子。(ご入居前に2回目の清掃を致します。)


◆2018年9月20日 室内状況

奥の部屋は和室です。タタミ下は、ベニア板を使用せず、無垢材の杉板を貼っています。


◆2018年11月1日 防草シート敷き込み中。


◆2018年11月1日 防草シート敷き込み後、砂利転圧。

 


◆2018年11月1日 菜園スペース真砂土敷き込み状況。

続きはこちらへ