HOME PLAN KIYOTAKE

福岡の工務店&木造専門 設計事務所 福岡市 ㈱清武建設 1級建築士事務所

home plan kiyotake
  1. トップページ
  2. コラム
  3. 宗像市平屋建て 工務店の注文住宅・健康住宅 発泡ウレタン断熱材

宗像市平屋建て 工務店の注文住宅・健康住宅 発泡ウレタン断熱材

写真 の 断熱材(発泡ウレタン) の 特徴

1. 断熱施工と気密施工が同時に出来る発泡ウレタン断熱(こちらの写真)は、壁や屋根に隙間なく吹付発泡され、外気との無駄な熱交換がなくなり、温度差の少ない快適な空間をご提供します。
気密性が高く、住宅各部からの空気の漏れや隙間風を防止し、計画換気を可能にします。

2. 環境にやさしい断熱材で、オゾン層を破壊するフロンガスを一切使用していません。
またシックハウスの原因となるホルムアルデヒドも含まない環境にやさしい断熱材です。

3. 吸音性、床衝撃音の遮音性 最近住宅の気密化が進むにつれ、住宅内部における反響音などが問題視されていますが、こちらの断熱材は、一般の断熱材と比較して、吸音性が高く、重量床衝撃音の遮音性の効果も発揮されます。

4. 自己接着性があり、吹付発泡されると同時に対象物に接着します。このため、断熱層が対象物から脱落するなどの心配はありません。

5. 湿気を透過させるため、屋根などの木構造材の腐れなどが少なくし、最適な空気環境を作ります。

6. 現場発泡のため、施工期間が短縮され、30~40坪の一般的な木造住宅では、1日から2日間で断熱及び気密施工が可能です。

7.難燃性については、の燃焼性試験に準じた性能(一定期間内に火が消える)を保有します。 また、燃焼時に怖いのが有毒ガスの発生ですが、マウスを使ったガス有毒性試験(実際の燃焼ガスをマウスに吸わせて有毒性をテスト)にも合格。安全な断熱材といえます。

8.吸水性が高く、吸水した水分は、4~5日ほどで完全に排水されることが確認されています。

9.熱伝導率の経時変化ですが、断熱材の気泡内ガスは空気のため、気泡内ガス成分の置換による熱伝導率の劣化はありません。さらに湿熱条件下放置(70℃95%RHの1週間)による熱伝導率の劣化についても、変化がないことが確認されています。

10. 熱伝導率は0.036W/m・K。断熱材の断熱性能は、熱伝導率の大小だけで評価されるものではありません。ボ-ドや繊維系の断熱材では、継目や隙間などのために、断熱効果は20~40%ほど低下するといわれています。このような観点からも、継目のない断熱・気密層を形成する発泡ウレタンは優れています。

宗像市の平屋建てブログ 工務店がつくる注文住宅 工事過程 写真

福岡県宗像市 注文住宅 平屋建て 工務店が建てる健康住宅