home plan kiyotake

福岡の注文住宅会社&木造建築専門の設計事務所
福岡市東区 株式会社清武建設 1級建築士事務所

糸島市・前原O様邸注文住宅 工務店で木の家を建てる

外観CG (設計過程の為変更します。)

【糸島市・前原 O様邸注文住宅

糸島市・前原O様邸注文住宅 工務店で木の家を建てる
 

 

イメージ 8イメージ 9イメージ 10

 

 


 

◆平成27年11月8日 設計契約。

◆平成28年2月 宅地が決定しました。

 


 

◆平成28年9月3日 完成物件のご見学。

 


 

◆平成28年11月19日 不動産ご契約
不動産会社様の店舗にて、建築士の立場で、ご契約に立ち会い。

 


 

◆平成28年12月26日 10時〜
土地決算。

 


 

◆平成28年12月26日 11時頃〜
新築住宅を建築するにあたり、解体箇所を、お打合せしました。また、新築住宅の位置を縄を張って確認しました。

 

イメージ 1

 


 

◆平成29年1月26日 既存住宅解体中

 

イメージ 2

 


 

 ◆平成29年2月10日 建物(仮)位置の地縄。

建物位置の検討の為、縄を張りました。

 

イメージ 3

 

◆平成29年2月11日 地鎮祭。

 
祭壇

 

イメージ 4

 

 

参列の様子
イメージ 5
 
刈初めの儀

 

イメージ 6

 

 
 
鍬入れの儀

 

イメージ 7

 

 


 

 

◆平成29年2月11日 縄位置変更。

 

地鎮祭後、建物の位置をご確認後、変更しました。

◆平成29年2月25日 工事契約。

詳細な仕様をショールームにてご確認いただき、ご契約をさせていただいてます。


 

◆平成29年3月8日 地盤調査。
軟弱地盤ではなく、杭工事は不要でした。

 


 

◆平成29年3月30日 基礎工事開始。
やり方、床堀、砕石敷きの様子。
イメージ 12
イメージ 11

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

◆平成29年4月6日 基礎工事・検査。
住宅を工事する会社は、建物が一定の範囲を超える傾きが発生した場合、10年間、保証する事が義務化されています。しかし、万が一、10年後に工事をおこなった会社が存在しなかった場合、お客様(施主)に経済的な負担がかかってしまいます。その為に、瑕疵保険(10年保証・更新をおこない20年、30年・・・可能です。)に加入しなければならず、基礎の鉄筋状況を、瑕疵保険会社の建築士が検査をおこないます。
イメージ 13

 

◆平成29年4月7日 基礎工事・生コン打設前

 

イメージ 14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

◆平成29年4月12日 生コン打設。
生コンをポンプ車で圧送してコンクリートを打設しています。
イメージ 15
イメージ 16

◆平成29年5月14日 基礎養生完了。
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

◆平成29年5月21日 棟上げ
●8時 酒と塩で安全を祈願しました。

 

イメージ 18

 

●8時10分 一階の「柱」を建てています。

 

イメージ 19

 

●8時10分 1階の天井部分の「梁」を取り付け。

 

イメージ 20

 

●9時30分 2階の天井部分の「梁」を取り付け。

 

イメージ 21

 

●11時 屋根の頂部になる、「棟木」が載りました。

 

イメージ 22

 

 
●11時30分 「棟木」が上がり、「棟上げ」です。
イメージ 23
●12時半 お施主様のご家族ご親戚13名、職人15名、スタッフ3名、 計31名で昼食中。(写真には全員が入りませんでした。)
イメージ 24
●14時半 瓦屋根の荷重を支える「タルキ」取り付け。
イメージ 25

 

 

●15時 「野地板」取り付け。近年の住宅は、合板が9割以上ですが、弊社は無垢材の「杉板」を貼っています。
イメージ 26
●17時30分 「ルーフィング」貼り完了。
イメージ 27

 

 

 


 

 

◆平成29年6月4日 電気配線打ち合わせ
イメージ 28
 
 
 

 


 

 

◆平成29年6月5日 構造・防水検査
(瑕疵保険と確認申請中間検査)
イメージ 29

 


 

◆平成29年6月5日 構造・防水検査
(瑕疵保険と確認申請中間検査)
イメージ 30

 


 

◆平成29年6月8日 断熱工事完了
(吹付発泡ウレタン)
イメージ 31

 


 

◆平成29年6月8日 無垢床材貼り過程
(桜の無垢材床を貼っています。)

イメージ 32


 

◆平成29年7月7日 屋根状況
(足場解体前確認)
イメージ 33

 

◆平成29年7月7日 外壁状況
(足場解体前確認)

 

イメージ 34

 

 


 

◆平成29年7月7日 室内状況
(壁仕上げ前下地確認)
イメージ 35
イメージ 36

 

◆平成29年7月10日 室内状況
(壁仕上げ前下地パテ処理)

 

 

イメージ 37

 


 

◆平成29年7月20日 LDK状況
(壁仕上工事途中)
イメージ 38

 


◆平成29年7月20日 階段状況(室内足場設置)
(壁仕上工事途中)

 

イメージ 39

 

 

 


 

◆平成29年7月20日 バルコニー手摺状況
(アルミ手摺設置工事)

 

イメージ 41

 

イメージ 40

 


 

 

◆平成29年7月21日 バルコニー手摺完了状況
(アルミ手摺設置工事)

 

イメージ 42

 


 

◆平成29年7月21日 埋設配管工事状況
(設備工事)

 

イメージ 43

 

 


 

◆平成29年7月21日 完了検査状況
(確認審査検査機関による建築基準法適合検査)
イメージ 44

 

 

 

 


 

 

◆平成29年7月24日 気密試験状況
・隙間相当面積(すきまそうとうめんせき)C値を測定しました。
・C値は家の気密性(隙間の量)を示す指標になります。
・家全体にある隙間面積(cm2)を延べ床面積(m2)で割ったもので、単位はcm2/m2 になります。この数字が小さいほど気密性が高い事を表します。一般的な住宅の場合、10(cm2/m2)程度のようですが、1(cm2/m2)以下の数値が測定されました。

 

 

イメージ 55

 


◆平成29年8月5日 外構工事状況

 

イメージ 45
イメージ 46

 

◆平成29年8月17日 アプローチ工事

土間コンクリートのスリット部分に玉砂利を敷いています。

イメージ 54

 

 


◆平成29年8月17日 縁石工事状況

 

イメージ 53

 

 


◆平成29年8月19日 完成状況

工事開始前のイメージCGと同じように建築出来ています。
イメージ 8

 

イメージ 47
イメージ 48
イメージ 49
イメージ 50
イメージ 51
イメージ 52

家づくりのプロを紹介

清武修一

スタッフ全員が一級・二級の資格を持つ建築士です。

詳しくはこちら

清武建設の新築事例

リビング

手がけた家は、磨き抜かれたわざと情熱の結晶です。

詳しくはこちら

営業マンはいません

kiyotakeビル

営業マンがいないからこそできる清武建設の強み。

詳しくはこちら

お客様の声

お客様の声

宗像市Y様

福岡県宗像市 Y様より

無垢の素材を使用してなるべくローコストで建てたいという我がままなお願いを聞いてくださり…

詳しくはこちら

東区美和台Y様

福岡市東区美和台 Y様

社長自ら設計し、建築主の視点でみて、私達の細かい要望にも丁寧に対応してくださいました…

詳しくはこちら

施工エリア地図
  • 注文住宅・新築住宅施工エリア
福岡市
中央区博多区東区西区南区早良区城南区
糟屋郡
新宮町久山町粕屋町志免町篠栗町須恵町宇美町
その他福岡県
朝倉市うきは市大野城市小郡市春日市久留米市桂川町古賀市田川市太宰府市大刀洗町筑紫野市筑前町那珂川町直方市福津市糸島市宮若市宗像市飯塚市
佐賀県
基山町鳥栖市